kalamazoo KGN-12   1940年代
Kalamazoo KGN-12 1940年代
その他、詳細画像はこちらへ
こちらのギターはSoldでございます。



スプルース・トップ(オリジナルナチュラルトップ)
メイプル(ラミネート)サイド/バック、メイプルネック、
ラダーブレイシング、ファイヤーピックガード、ハカランダ指板。

ギブソンのセカンドブランドとして知られる
Kalamazooカラマズーの珍しいモデルです。
ギブソンのL-00の廉価版のKG-14と同じサイズ同じスケールで
KG-14はサイドバックがマホガニーが使われておりますが、
こちらのギターはトップがスプルースのナチュラル仕様で
サイドバックにプライウッド(合板)のラミネートメイプルが
使われております。
ヘッドの形状は戦前のギブソンのヘッドと同型です。
トップ、バックともトータス柄(べっ甲柄)のバインディングが施されています。
ピックガードの形状もKG-14とは違いL-00と同様の仕様です。

ネックにアジャストロッドは入っておらず、エボニーロッドです。
ナット幅約43㎜のやや太めのUシェイプネックですが同年代の
KG-14の三角ネックより、かなり弾きやすいかと思います。
ラダーブレイシング特有の乾いたややガランとした鳴りで、
お好きな方にはたまらない音色です。
小ぶりなボディながらもしっかりとヴォリュームがあり弾き語り等の
ブルースをやるにはうってつけのギターです。

大変古い楽器ですので使用による弾き傷、小傷、打痕等ありますが
全体的に良いコンディションを保っております。
ピックガード周りに弾き傷、ピックガードに豆粒大の凹みがありますが
ちょうど裏にブレイシングがある部分で割れにはなっていません。
トップ、サイド、バックとも板の割れはありませんが、トップの
サウンドホール付近(6弦の下付近)とトップ左肩とサウンドホールの間
付近に鋭利なものでつけた凹みがありますが貫通はしていません。
念のためリペアのほうでタイトボンドを入れてありますので、今後
その部分が広がることも無いと思います。
チューナーは近年のレプリカのものに交換されています。
ブリッジも過去に交換がされていますが、ロングサドルのものですから
形状的にも違和感はありません。
ネックバックに塗装がやれて黒ずんだ箇所があり、ネックヒールには
ストラップピンが打ってあります。

過去にネックリセットを施してあり、フレットは打替えられてから
あまり弾かれてないようで、減りはほとんどありません。
弦高も適正値ですのでプレイアビリティも良好です。
当店の契約リペアにて、ロングサドル交換、ナット調整等を施してあります。

ケースはジャストサイズのハードケースがつきますが、取っ手が
レザー製のものに替えられています。

L-00の高騰によりKalamazooのフラットトップも大変人気が出てきて
おり、その中でもなかなか出回らないレアなギターです。
その他、ご不明な点ございましたらお気軽にお問い合わせ下さいませ。
販売価格

0円(税込)