mastertone 1938 
Mastertone Special 1938年製
税込み価格153,300円

こちらの商品はSoldです。

その他詳細画像はこちらへ



スプルーストップ、マホガニーサイドバック、マホガニーネック
ハカランダ指板、12フレットジョイント、サンバースト

1938年製のMastertone Special Guitarです。
当時ギブソン社のカラマズー工場で生産されたセカンドブランドには
KalamazooやCromwell等がありますが、Mastertone Specialも
そのうちのひとつです。

ボディの形状はKalamazoo KG-11と同じサイズです。
Mastertone Specialはハワイアンスタイルのスクエアネックの
タイプのものもありますが、こちらのギターは普通に弾いて頂ける
スパニッシュタイプのネックです。
ネックコンディションは良く、弦高も低めの設定にしてあります。
ネックはU状のやや太めのグリップですがナット幅は
43mmですのでこの年代のものとしては弾きやすいネックかと思います。
スケールは632mm、12フレットジョイントですので
テンション感は少し弱めです。

トップ、サイドにはクラックは無く状態良いですが
バックのセンターネックヒール近くとバックの下部センター付近に
僅かなクラックがあります。
リペアでパッチをあててありますので将来的には全く問題はありません。
ペグはクルーソンのオリジナルですが、チューナーのペグつまみが
経年変化で痩せております。
現状、チューニングに問題はありません。

大変古い第2次大戦以前に作られたギターですので使用による
小傷や打痕等ありますが全体的に良いコンディションを保っております。
当店契約リペアショップで弦高調整、フレット擦り合わせ、
クラックパッチあて等、調整済みです。

ラダーブレイシングならではのガランとして鳴りが、乾いた音色と
相まって非常に雰囲気があり癖になってしまうサウンドです。
小ぶりなボディですが十分なヴォリューム、箱鳴り感があり
指で軽くつま弾いたりブルーズ等には最適かと思います。

人とは違ったレアなギターをお探しの方には
是非ともおすすめしたいギターです。
紙製の古いケースがつきます。
販売価格

153,300円(税込)