martin 0-18 1946
その他詳細画像はこちらへ
こちらにもあります。

Martin 0-18 1946年製
税込み価格¥475,000円
こちらの商品はSoldです。

スプルーストップ、マホガニーサイドバック、
オリジナルベッ甲柄ピックガード、オリジナルハカランダ指板/ブリッジ(ロングサドル)

第2次大戦直後に生産された非常に貴重な0−18です。

40年代ヴィンテージマーティンならではの、枯れていながらも温かみのある
音色で伸びのある高音、倍音豊かな低音が素晴らしいです。
ボディトップは目の詰まったスプルースでサイドバックはマホガニーです。
経年変化により自然に枯れたとても雰囲気ある音色で、良く鳴ります!
ナット幅は42mm標準的なUシェイプネックでとても弾きやすいです。

トラスロッドにはエボニーのロッドが仕込まれており戦時中の物資統制による
影響で鉄の使用が控えられたためのものです。
持った時に材が乾いているせいもあり、非常に軽い印象があります。

全体的にわずかに使用による小傷打痕、右サイドボトム付近にやや目立つ
小傷がありますがオリジナルフィニッシュで艶も残りこの年代としては
とても良い状態を保っています。
サウンドホールから見るギター内部も70年前の楽器とは思えぬくらいに
キレイで、良いコンディションであることを伺い知ることが出来ます。

サウンドホール付近のピックガードの張り付けライン沿って、極僅かな
クラックがありますが裏にまで達しているものではなく、目立ちません。
念のためにリペアで接着剤を入れてあります。
その他、サイド、バックはノークラックです。
ペグはオリジナルのものから交換されておりますが、3弦と4弦のつまみ心棒が
曲がっています。
ペグつまみの側面が割れていて、エポキシ系の接着剤を入れ補修してあります。
現状のところ、正常に可動いたします。

フレットは残りもあり、よく使われるローポジション辺りの減りも少なく
まだまだお使い頂けることが出来ます。
ネックコンディションも良好で、演奏性の高いセッティングです。
リペア工房で弦高調整、ブリッジプレート、フレット周り等、調整済みです。

軽く指で爪弾いても、ストロークで弾いても、ジャンルを問わず
万能に使えるギターです。
現行のマーティンには出すことの出来ないヴィンテージマーティンサウンドを
存分に堪能出来ます。

ケースは当時の紙製ケースのものがつきますが、蓋にゆがみや、裂けがあり、
実用には向きません。

状態の良い40年代の0−18は年々少なくなってきておりますので、
お探しの方は、この機会を是非お見逃しなく!!

その他ご不明な点ございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。
販売価格

475,000円(税込)