martin 2-17 1929
Martin 2-17 1929年製
オールマホガニー、ハカランダ指板、12フレットジョイント、
スロッテッドヘッド、スキャロップブレイシング

その他詳細画像はこちらへ

こちらの商品はSoldでございます。

スモールギターファンに最近大人気の2−17が入荷いたしました!

レスポンスが良く甘く枯れたサウンドがとても魅力的な1本です。
戦前物オールマホガニーらしい深みと柔らかみのあるトーンで
このサイズでしか出せないリヴァーブ感が素晴らしいです。

ヘッドは表にマーティンロゴは無くヘッド裏にバックスタンプが
つく30年代前期以前に見られるスロッテッドヘッド仕様です。
フレットも30年代前期以前に使われていたバーフレットです。
バーフレット特有の弾きにくさも感じません。
ペグはオリジナルで正常に可動いたしますが、4、3,2弦の
ペグつまみ心棒にゆがみがあります。

ボディトップ、ピックガードがつく周辺に演奏による傷が少々あります。
その他、全体的に細かな擦り傷、打痕等ございますが
味として捉えて頂けると思います。

トップには3箇所ヘアラインクラックございます。
トップボトム左サイド(演奏する時に腕で隠れる部分)に、やや目立つ
ヘアラインクラック。
ブリッジ下部の6弦下辺りからと1弦下辺りから共にボトムにかけて
ヘアラインクラックあります。
バックにも1箇所ボトム右辺りにヘアラインクラックあります。
サイドにクラックはございません。

いずれのクラックとも過去に行われたリペアと入荷後のリペアで
修理済みです。
スプルーストップのようにぱっと見て目立つようなものではありません。

ブリッジは過去に弦高調整等の為に削られて薄くなっており
ブリッジ周りは剥がした時に出来た傷跡が少し見られます。
入荷後、ブリッジ剥がれ修理時に併せてブリッジプレート補強、
お腹の膨らみも矯正したうえで再接着してあります。

ネックグリップにかなり古い修理履歴の痕跡がございますが非常に丁寧に
直してあり、今後動くことはないものと思われます。

80年以上の歳月の間に使い込まれその都度調整を繰り返しながらも、
生き残ってきた貴重なギターです。
入荷後、当店契約リペア工房にて弦高等、全体を調整済みですので
弦高も低めの設定でプレイコンディションも非常に良好です。

ケースはオーバーサイズですが汎用の紙製のケースが付属いたします。
大変古いギターですが、少々修理履歴が多くございますので
相場よりもかなり値を下げてのご提供となります。

その他、ご不明な点ございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。
販売価格

0円(税込)