martin 0-18 1946
その他詳細画像はこちらへ
こちらにもその他詳細画像ございます
こちらの商品はSoldになっております。
Martin 0-18 1946年製

アディロンダックスプルーストップ、マホガニーサイドバック、
オリジナルベッ甲柄ピックガード、オリジナルハカランダ指板/ブリッジ(ロングサドル)

第2次大戦直後に生産されたギターでとてもよく弾き込まれ、
これぞヴィンテージギターといった雰囲気が漂うO-18です。

枯れて乾いていながらも、太く柔らかくすごいヴォリュームで鳴ってくれます。
ドレットノートに負けないくらいの音量です。
サウンドホールまわり(特にピックガード前付近)にピック弾きにより木地が出た部分
ありますが経年変化による全体的な塗装の焼けと相まってもの凄いオーラを全体から
発しています。
過去にネックブロック周りにリペアの形跡が見られますが
現在のところしっかりしており落ち着いております。
トップとサイドに割れはございません。
バックの板のネックヒール下部辺りに割れございますが、相当昔に直してあり
こちらも落ち着いております。
ペグは交換されているようですが、マイナスネジタイプのかなり古いペグで正常に可動
いたします。
フレットも交換して間もないようで減りはありません。
当店入荷後、ナットとサドルは契約リペアショップにて牛骨タイプに交換いたしました。
ナット幅は42mm標準的なUシェイプネックでとても弾きやすいです。

全体的に経年変化、使用による小傷打痕、部分的な塗装の剥げ等はありますが
いやな感じにさせるものでは決してなく、逆に味わい深く魅力的なルックス
になっています。
ネックコンディションも良好で、演奏性の高いセッティングです。

爪弾いた時の音の立ち上がりが抜群によく、指弾きでもストロークでも万能に使える
ギターです。
艶やかさのある芳醇なヴィンテージマーティンサウンドを存分に堪能出来ます。
プレイヤーズコンディションですのでライブ、レコーディング等でガンガンに
お使い頂けると思います。

ケースはオーバーサイズの汎用のものがつきます。
40年代の0−18の相場からすると破格値でのご提供です。
この機会を是非お見逃し無く!!
販売価格

0円(税込)