gibson L-0 1930
その他画像はこちらへ

Gibson L-0 1930年製

こちらの商品はSoldでございます。
マホガニー・トップ、マホガニー・サイド/バック、マホガニー・ネック、ハカランダ指板/ブリッジ

ギブソンのフラットトップ史の先駆けとなった非常にレアなギターです。
オールマホガニーということと、シリアルナンバーから1930年製と
思われます。
ボディートップが極薄で驚くほどに軽量に仕上げられたボディーからは、
枯れていながらも非常に豊かで独特の鳴りを生み出します。
軽く爪弾いただけで明瞭に前に音が飛び出していきます。

ボディーにはかつてピックガードが付けられていたような跡が極僅かに見られ
薄くオーバーラッカーされております。
雰囲気を損ねるようなものではありません。
トップ、ブリッジ下部に2箇所とバックに1箇所ヘアラインクラックあり
全て裏からパッチをあてて補修済みです。
ボディー左サイド上部に傷有り、全体的に数箇所細かな打ち傷等、
有りますが今から80年前のギターということを考えますと、とても良い
コンディションを保っています。
ペグはオリジナルとは違う50~60年代頃の3連のペグがつけられており正常に
可動します。
ネックは12フレットジョイントでスケール632mmナット幅44mm
当店契約しておりますリペア工房にてナット、ロングサドル調整、
フレット打ち換え全てセットアップ済みです。
ネックは細くも太くも無くちょうどいい太さでコンディション良好。
弦高は低めのセッティングで、とても弾きやすい
アクションに調整されています。
サドルの高さの余裕も十分あり演奏性は抜群です。

今では貴重な戦前ギブソンの素晴らしさが存分に味わえる1本で
お勧めいたします。

その他、詳細につきましてはお気軽にメールにてお問い合わせ下さいませ。

デジタルカメラで撮影の為、音質あまり良くございませんがご参考までにご覧ください。
販売価格

0円(税込)