martin 2-17 1929
こちらの商品はSoldとなっております。
Martin 2-17 1929年製

オールマホガニー、ハカランダ指板/ブリッジ、12フレットジョイント

戦前物オールマホガニーらしい柔らかみのあるトーンで
この年代ならではの枯れていながら太いサウンドが魅力的な1本です!
Oのサイズを更に小型にしたボディからは驚くほどでかい音が飛び出します。
ネックはやや薄めで巾が広めですので慣れが必要かもしれません。
ヘッドはスロッテッドヘッドで表にロゴは無くヘッド裏にバックスタンプが
つく30年代前期以前に見られる仕様です。
フレットも30年代前期以前に使われていたバーフレットです。
ペグもオリジナルで正常に可動いたします。
ボディトップ、ピックガードがつく辺りに演奏による傷があり木地が
露出しています。
その他、全体的に数箇所細かな擦り傷、打痕等ございます。
ボディバックにクラックが2箇所ありますが裏からパッチをあてて補修済みです。
バックのみ軽くオーバースプレイをしているようですが雰囲気を
損ねるような物でなく馴染んでおりサウンドへの影響も全く感じられません。
年代を考えますとコンディション良好です。

現在では希少となってしまったギターです。
素晴らしいプリウォーマーチンサウンドを体感出来ます!
当店契約してるリペア工房にてナット、ロングサドルその他完全調整済みです。
ネック・コンディションを含めたプレイコンディションも非常に良好でサウンド
も含めオススメの1本です。
ケースは専用に特注したと思われるハードケースが付属いたします。
販売価格

0円(税込)